タワー型と低層型、どっちがおすすめ?

眺望が期待出来るタワー型のメリットとデメリット

タワー型マンションのメリットは部屋の中から景色を望める点です。特に高層階の部屋では前方に遮る建築物がない場合には、遠くの景色を望めると言ったメリットを持ちます。
最近のタワー型マンションは複数の棟から構成される大規模マンションと言ったスタイルになっている物件が多くあります。
例えば、イーストタワーとウェストタワーと言った具合に、2つのタワー型マンションがあり、ラウンジなどの共用施設が充実していると言った魅力や物件によってはコンシェルジュサービスを利用出来るケースもあります。
しかしながら、タワー型マンションにはエレベータがすぐに来ない、高層階の部屋にはベランダが付いていないケースもあるなど、タワー型マンションならではと言えるデメリットもあります。

低層型マンションの中にはメゾネットタイプもありますよ

建築物の高さが60メートルを超える場合にタワー型と言いますが、低層型マンションの多くは3階建てです。
低層型マンションは、わざと3階建てなどの建築物にしているわけではありません。住宅を建築する土地にはそれぞれ用途地域が決められている、低層型マンションがあるエリアは低層住居専用地域などで、高さ制限があるため大きなマンションを建築する事が出来ないのです。
低層型マンションの魅力は、タワー型マンションと比べると規模が小さいため、多くの人々とのコミュニケーションを取り易い、低層住居専用地域は閑静な住宅地が多いので静かな暮らしが実現するなどのメリットを持ちます。
物件の中には一戸建て感覚で利用出来るメゾネットタイプになっているマンションもあります。

小樽の賃貸マンションはリノベーションに対応しているマンションもあり、理想の住宅を造る夢を叶えることもできます。